イメージ画像

クレカをお金に効率よく換える

たった一つの方法とは?

業者によって違う現金化までのプロセス

クレジットカードを使った現金化を予定している場合、どんな処理がおこなわれているかを気にし なければいけません。
なんでこんな方法がとられているのか、リスクは存在するのか、そういったことを考えないで何でも利用するべきではないでしょう。
そのために、仕組みを知ることができれば、安心して使うことができるようになるはずです。

クレジットカードの現金化には、ほとんどは商品を購入することになるでしょう。
ショッピング枠を使って商品を購入するため、単純なことですが、10万円のものを購入すれば、ショッピング枠から10万円を惹くことにな ります。
この10万円が商品を販売している相手に振り込まれることになり、取引が進んでいくことになるのです。

ここからは、業者の手法によって異なります。
一番知られている方法となったのが、相手を購入し、現金は還元率に合わせてキャッシュバックすることで、口座に振り込んでくる方法でしょ う。
これがキャッシュバック付き商品と呼ばれる方法の仕組みになっているのです。
ほかにも、商品自体は購入してすぐにキャンセルしてしまいます。
この時にできた現金をクレジットカードの保有者に返す方法がありました。
クレジットカードを利用していることは間違いありませんので、返済義務は残るわけですが、現金で返ってくるのですから便利な方法です。
しかし、この方法はクレジットカード会社からかなり警戒されているため、ほとんどなくなってきました。

こういった方法のどれもが、クレジット枠の利用歴という形で残るところが重要です。
返済に関していえば、どの方法もクレジットカードの利用という形です。
キャッシングという形にはなっていないため、借金という扱いではありません。
あくまでも商品購入だというところが、クレジットカードの現金化の特徴なのです。

こうした方法を快く思わないクレジットカード会社も数多く存在します。
キャンセルを使った方法に関しては、利用停止にしてしまうこともあるのです。
現金化する業者を選ぶということが、いかに重要なのかがわかるでしょう。

このページの先頭へ