イメージ画像

クレカをお金に効率よく換える

たった一つの方法とは?

妥協するべきではない還元率と注意点

最近知られるようになってきたクレジットカードの現金化は、いろいろな方法を使って行われてい ます。
キャッシュバック付き商品の購入という方法も、その中の一つです。
この方法の場合、還元率ということに注目しなければいけないでしょう。
現金を手にするための方法なのですから、この還元率に関して妥協は禁止です。

まずは、どんな仕組みになっているかを知らなければいけないでしょう。
クレジットカードの現金化をする場合、商品を購入します。
いろいろとありますが、どんな方法もまずは同じと考えていいでしょう。
どんな商品化といえば、あまり価値のないものが大半です。
この商品を購入し、キャッシュバックを受けることになるのが特徴となっています。
返品することが前提の方法もありますが、また別の方法なのです。

キャッシュバックに関して、いったいどれぐらい帰ってくるのかというのが、還元率と呼ばれる数値になります。
たとえば、10万円の商品を購入した場合に還元率80%ならば8万円が戻ってきます。
75%ならば、7万5千円です。
仕組みとしては単純ですが、5%でもかなりの差が付くことがわかるでしょう。
もちろん95%なら9万5千円になり、かなり有利になるように見えますが、ここに問題があるのです。

還元率は妥協するべき問題ではないことは確かでしょう。
還元率の平均が80%前半といわれているのですから、95%もつけば魅力的に映ること間違いなしです。
しかし、現実的に可能なものかどうかといえば、かなり怪しいレベルといえます。
クレジットカードの現金化には、ショッピング枠を使わなければいけません。
業者はクレジットカード会社と利用者契約を結ぶわけですが、大手デパートの様に非常に取引高が多い優良顧客であっても1%は必要です。
一般的に3%~5%が必要で、人件費や利益を加算すると、95%がいかに不可能なものかわかるでしょう。

これ以上の還元率ともなれば、実現自体が不可能です。
95%であってもこんな還元率を初回取引に提示したりすることは、リスク管理からしてありえないのです。
これがどんな結果を示すのかといえば、実現できないものなのですから、下げるしかありません。
手数料名目で引かれたり、どこかに最大でと書いてあって、もっと低い還元率の取引となってしまったりすることになるでしょう。

このページの先頭へ